ジョージ・ルーカス的視点でプノンペン

with 1件のコメント
Pocket

 

 

 

本日のFeeling Radio

記事のBGMにどーぞ。

Jaga Jazzist -『Animal Chin』

 

 

 

現在なんだかんだでカンボジアの首都プノンペンにおります。そして現在若干やる気が停滞気味。。。こんなもの初めての事ではないので『またなった』っという感じで過ごしております。なんかブログが書ける気がしない。嫁には、

 

 

「完璧主義すぎてピリついてませんか?駄文でいいから書いたら?後々に『あの記事面白くなかったね〜』なんて言えるくらいライトにやった方が私は面白いと思うな〜」

 

 

などと『駄文のススメ』を頂き、んじゃいっちょやってみっか!となってる今日この頃です。ウチの嫁はスゴイ。

 

 

キャピトルツアーバスで行くプノンペン

前回記事のトメさんと別れた後、翌日には遺跡観光街のシェムリアップからプノンペンへバスで移動。事前にトメさんから、

 

 

「プノンペン行くならキャピトルホテルに泊まり!安いしシングルで泊まれるで!そこ泊まるならな、ホテルの目の前で降ろしてくれる長距離バスがあんで!キャピトルツアー言う会社がバスとホテルを経営しとるさかいな!」

 

 

さすが旅慣れしてるだけあって情報量豊か。それは間違い無いっすねぇ〜!なんて言いながら予約を取り、朝一番でプノンペンへ向かった。約8時間の道のりで600円くらい。

 

 

トメさんの事前情報通りホテルの真ん前に到着。ワッと群がるバイクタクシーの客引きの皆さんを尻目に目の前のホテルにチェックイン。1泊4ドルシングルルームFANのみ。ありがたい。

 

 

プノンペンリポート

ではでわプノンペン(宿周辺)のパトロールをしに行きましょう!

 

 

 

プノンペンは首都と名乗るだけありカンボジア随一の経済都市。東南アジアの中ではGDP成長率最下位のカンボジアだが、まぁ建設ラッシュがすごいこと。どこもかしこも建設中のでかいビルが目につく。来年、再来年にはまた景色が変わっている事でしょう。

 

 

 

 

 

個人商店 > ショッピングモール

プノンペンはモンスターモールこと日本のイオンモールも進出している。日本らしい綺麗な建物に地元のカンボジアっ子が多く利用しているのが印象的。だからと言って日本の様にシャッター商店街的な状況を作り出すと言ったことはなさそうで、昔からの商店街やマーケットには人が溢れかえっていた。

 

バイク天国カンボジアらしくバイクの整備、修理、カスタマイズ系の店が多い。バイク専用のステッカー屋などの専門店も多い。多分皆お気に入りや馴染みのバイク屋があるのだろう。

 

 

決して裕福とは言えない環境だろうが街には商品や食品でいっぱい。すごいモノで溢れかえっている印象。大型ショッピングモールより、まだまだ個人商店や専門店が強い感じがした。人情?それとも品が安いからかな?

 

 

視点の変化で変容するプノンペン

街並みはこんな感じ。平均的に同じくらいの高さのアパート?的建築物が隙間なく建ち並んでいる。それが道を挟んで両サイドにずらっと並ぶ。基本的な暑さ対策なのか白いコンクリの建物ばかり。圧迫感があるわけでは無いが、なんとなく何か迫ってくる様な感覚に陥ってしまう。

 

 

 

 

この両サイド白い建造物がズラって感じ。。。

 

 

 

 

もう完全に個人的な目線なんですが、僕にはSTER WARSのワンシーンぽく見える。↓これヤヴィンの戦いのトレンチランって言うらしい。STER WARS一個もちゃんと見たことないから分からんけど、下のGIF動画を見つけた時に『これプノンペンみてぇだな』と思ってしまった。脳内変換でぶっ飛んで行こう。

 

ちなみにターミネーター、ロボコップ、ロッキー、ダイハードもちゃんと見たことない。THEハリウッド系アクションが苦手。この辺の男子力は完全に欠如している。ドラクエもやったことないし。余談でした。

 

 

外こもりへのシンパシー

 

 

『外こもり』って言葉がある。家の中でする『引きこもり』を発展途上国や物価の安い海外で引きこもること。外こもりニスト達には持ってコイの場所がカンボジア。ネット環境も整っていてWi-Fiも普通に使える。10年前と違ってパソコンがあれば自分の空間がインスタントにすぐ作れてしまうと言うわけ。

 

 

 

僕もちょっとその『外こもり』をする気持ちが分かる。実際に15日間あったうち10日間はプノンペンで『外こもり』状態であまり動かず。5日間はシアヌークビルという海のある街に行って見たりもしたがドミトリーでプライベート空間は無し。やっぱプノンペンの雑多な感じと安いシングルルームが気に入って長期滞在。沈没気味に。そう言う時期。

 

 

 

だけど明日からはベトナム。トメさんの見えないマジカルチケットを片手に向かいます。

 

 

 

カンボジアでした!

 

 

 

関連記事

  • おっちゃんのお茶とおばちゃんの市場 [ミャンマー]     身震いと共に目を覚ます。ウィンドブレカーを羽織り膝掛けを体に巻いて寝ていても寒い。明るさを取り込み始めた窓はガッツリ結露している。異常を察した身体が鳥肌を立ててアピールして来る。冷房地獄。       本日のFeeling Radio 記事のBGMにどーぞ。   Comadre Florzinha […]
  • moving to Myanmar ミャンマーへの移動   2013年5月春。僕と嫁(当時は彼女)は京都へ引っ越した。それまでは僕の地元にほど近い東京の福生市に二人で住んでいた。大きなきっかけは2011年に起きた3.11こと東日本大震災。そして原発の爆発。     親や友達に叩かれることもあったが、嫁と相談し、気持ち良く生きるための一つの方法として引っ越しと言う手段を選び京都に居を移した。もちろん […]
  • 香港ローカルレポート!!『密集』文化と千利休 [中国・香港]香港ローカルレポート!!『密集』文化と千利休 [中国・香港]   香港潜入記 いよいよ香港潜入。やっとやっと中国の大型連休のお陰で値上がり急上昇した宿代のほとぼりが冷めてくれた。ちょうど中国滞在可能な15日を消化する直前。良いタイミングで中国から香港へ移動。ここ深圳から香港へは地下鉄で行ける。一度中国の国境駅(福田駅)で出国し、徒歩で川を渡り香港川の入国審査を受ける。見事入国審査に合格すると晴れて香港入国。 […]
  • 街のオヤジに見るTHE中国らしさ [深圳]街のオヤジに見るTHE中国らしさ [深圳]     ほとぼり冷めるまで香港おあずけ 香港に入る起点の街『深セン』。でかい街。都市。都市すぎて見所があまりない。後で聞いた話は深セン・広州があるこの辺りは歴史が浅く、また商業工業地区が多いのもあり観光地が少ないらしい。のに4日も滞在した。     と言うのも未だ続いている中国国民の大型連休である国慶節。その期間中の香港 […]
  • 昆明の現実リアル脱出ゲーム[中国雲南省]昆明の現実リアル脱出ゲーム[中国雲南省]     夜通し走り抜いたバスが中国雲南省にある昆明に到着したのは朝の9時頃。大きなバスターミナルで停車し、運転手が馬鹿でかい声で到着を告げる。乗客全員がのそのそとここで降りる。ラオスより北に来た分だけ涼しさが出て来た。とうとう来たか中国って感じで一人感慨深く辺りを見渡す。昆明凄く綺麗じゃないか。     本日の […]
  • のんびりラオスの外こもりから恐怖の中国入国編のんびりラオスの外こもりから恐怖の中国入国編   ラオスにはビザがなくても15日間滞在できる。コレはベトナムと中国も同じ。なので体調が良くなるまで居座ろうと言う魂胆。予想外にも体調が戻らず実際15日間マルッとラオスで過ごすことになってしまった訳で。。。   本日のFeeling Radio 記事のBGMにどーぞ。   Kalambya Boys […]
  • 何もしないをするラオス[ルアンパバーン]何もしないをするラオス[ルアンパバーン]   脳内会議 ベトナム出国日前日。喉の痛みから始まった異変は、とうとう咳と微熱で身体を倦怠感が包み込み始めた。単純に動きたくない気分。この体調のまま中国入りするのはどうも不安。そんなことを思っていると、不思議にも脳内で新たな案がふわふわ浮かび上がる。『ラオスで休養しちゃえば?』と。     この旅でなんとなく飛ばして旅をしていたラオ […]
Pocket

One Response

  1. […] “ジョージ・ルーカス的視点でプノンペン”の記事と一緒に聞く  […]

Leave a Reply