ぶらり首都ハノイ [ベトナム]

with コメントはまだありません
Pocket

 

現在は中国の深センという街におります。無事に中国大陸を西から東へ36時間の列車移動を終えやした。以外に快適な中国寝台列車旅。車内でタバコ吸えるし、メシ食えるし、歩き回れるし。ベッドもしんどくなくグッスリ行けて、バスなんかより万倍快適。その辺も追って旅記をアップして行きやす。

 

 

それと、前回お伝えした通り中国のネット規制のお陰でYoutubeが開きやせん。なので、このサイトで(一部の方に)超絶大好評&スーパー首を長くしてお待ちかねのトラベルミュージックのコーナー『Feeling Radio』ができやせん。イロイロと回避技を検索・調査中ですので、極一部の方々しばしお待ちを!

 

政治と文化都市ハノイ

3日間滞在した忍者の里の様なサパを後にし、次に向かったのはベトナムの政治と文化の都市言われる首都ハノイ。田園風景広がる山岳地帯から大都市へのバス移動。

 

 

ハノイまでの車窓からいくつもの麻畑らしきものが見えた。どこもしっかり柵で覆われ管理されていた。繊維製品やタネなどを食用として栽培しているんだろう。サパの少数民族のおねぇさんことを思い出しつつハノイへ。ベトナムもとうとう最終章突入。

 

 

 

 

 

ハノイまでは途中休憩を挟みながら進む。午前中に出発し、夕方前には到着。ベトナムでは全てバスの旅となった。電車もタクシーも一回も乗らずにここまで来たな。それだけ旅がし易いということかな。とりまいずハノイの街をいつもの様に到着早々ふらついて見る。

 

 

 

 

 

ベトナムの首都として政治と文化を代表する大都市ではあるが、目に付くのはやはりそこで生活する人々。洗練された場所もあるが、大部分で生活に身体性を感じる。汗をかき、声を張り上げ、体を使って移動や作業を行う人々。単純に人のエネルギーを感じる。

 

 

 

 

 

 

小さな商店が永遠連ね重なる様に建ち並び、至る所に人が溢れ街に活気をもたらしている。人が集まると言うか集っている光景が目に入ってくる。オヤジが集まっているところはほぼ博打を打っている。人と人の距離が日本よりも明らかに近いと言う印象。それはベトナムと言わず東南アジア全域に言えること。逆に言えば日本が特別特殊な価値観になってしまったのかも。

 

 

 

 

 

ハノイの真上がもう中国ということもあり、中国文化の流入が顕著になって来た気がする。それに比べてインド系の流入は記憶にないな。インドと中国系のお店やミニ街の様な区域はどこの国にも見られるのだけどベトナムには来てないのかな。

 

 

 

中国入り直前にて

それにしても自転車、バイク、車の交通量がすごい。ハノイの上空はなんとなくガスっている。排気ガスで遠くの景色がウスらボンヤリとした見え方をしている。たぶんその影響だと思うが、ハノイに入ってから喉と鼻腔の奥の方がピリピリと痛くなった。こりゃ風邪ひく前兆だって痛み。案の定、翌日から体調を崩してしまった。移動&移動が続いて体力も落ちてたのかもしれない。旅中初の風邪っぴき。

 

 

 

 

『あ〜、だるさが出て来たなぁ』なんて思いながら宿でゆっくりする。咳も出だして本格化して来た。緑の痰が出たので完全にアウト。不幸中の幸いなのは泊まっている宿の設備が良いこと。ドミトリーながら清潔な空間で、エアコンにホットシャワーに豪華な朝食が付いている。夕方6時にはビールが1杯無料サービスもある。それで1泊400円ってベトナムは旅人想いのいい国過ぎる。有難し。

 

 

 

 

ビザの関係上ベトナムには後3日しかいられない。早く風邪を治さねば中国入国への長い移動が待っている。この体調のまま恐怖イメージの中国に入るのも恐ろしいなぁとか思いつつ養生に専念。とにかく寝よう。明日には体調も戻っているでだろう。風邪なんて楽観スタイルで乗り切れるでしょと。この時は3日後に中国行く記満々。それよりも中国大丈夫かな?の方がホットトピックだった。中国入り間近!

 

 

 

 

 

関連記事

  • 香港ローカルレポート!!『密集』文化と千利休 [中国・香港]香港ローカルレポート!!『密集』文化と千利休 [中国・香港]   香港潜入記 いよいよ香港潜入。やっとやっと中国の大型連休のお陰で値上がり急上昇した宿代のほとぼりが冷めてくれた。ちょうど中国滞在可能な15日を消化する直前。良いタイミングで中国から香港へ移動。ここ深圳から香港へは地下鉄で行ける。一度中国の国境駅(福田駅)で出国し、徒歩で川を渡り香港川の入国審査を受ける。見事入国審査に合格すると晴れて香港入国。 […]
  • 街のオヤジに見るTHE中国らしさ [深圳]街のオヤジに見るTHE中国らしさ [深圳]     ほとぼり冷めるまで香港おあずけ 香港に入る起点の街『深セン』。でかい街。都市。都市すぎて見所があまりない。後で聞いた話は深セン・広州があるこの辺りは歴史が浅く、また商業工業地区が多いのもあり観光地が少ないらしい。のに4日も滞在した。     と言うのも未だ続いている中国国民の大型連休である国慶節。その期間中の香港 […]
  • 昆明の現実リアル脱出ゲーム[中国雲南省]昆明の現実リアル脱出ゲーム[中国雲南省]     夜通し走り抜いたバスが中国雲南省にある昆明に到着したのは朝の9時頃。大きなバスターミナルで停車し、運転手が馬鹿でかい声で到着を告げる。乗客全員がのそのそとここで降りる。ラオスより北に来た分だけ涼しさが出て来た。とうとう来たか中国って感じで一人感慨深く辺りを見渡す。昆明凄く綺麗じゃないか。     本日の […]
  • 『麻』と『ヘンプ』と『マリファナ』と少数民族の生きる糧 [ベトナム・サパ]『麻』と『ヘンプ』と『マリファナ』と少数民族の生きる糧 [ベトナム・サパ]     ベトナム・サパという街の朝はこの時期涼しい。朝7時半。なんとなしに目が覚め、タバコを吸おうと宿の2階部分にある共有バルコにーへ出る。軽い身震い。長袖着ないと寒いかもしれない。目線を上げると眼前に山が広がり、くっきりと、だけどゆっくりと流れる分厚い雲に目が奪われる。自然が近い。     本日のFeeling […]
  • ベトナムの軽井沢[ダラット]   本日のFeeling Radio 記事のBGMにどーぞ。 WATERBED -『sweet n […]
  • ジョージ・ルーカス的視点でプノンペン       本日のFeeling Radio 記事のBGMにどーぞ。 Jaga Jazzist -『Animal […]
  • おっちゃんのお茶とおばちゃんの市場 [ミャンマー]     身震いと共に目を覚ます。ウィンドブレカーを羽織り膝掛けを体に巻いて寝ていても寒い。明るさを取り込み始めた窓はガッツリ結露している。異常を察した身体が鳥肌を立ててアピールして来る。冷房地獄。       本日のFeeling Radio 記事のBGMにどーぞ。   Comadre Florzinha […]
Pocket

Leave a Reply