アタリマエからの脱却

with 1件のコメント
Pocket

 

現在カンボジアのシェムリアップに入っております。ちょうど一ヶ月前に来た時よりも爽やかな風がときおり吹いて、季節が変化しているのを実感しながらBlogやら動画編集やらシコシコと。

 
 
ミャンマーからタイに戻り、そこからカンボジアまでを簡単に。
 
 

本日のFeeling Radio

記事のBGMにどーぞ。

 

王舟 -『Thailand』(Official Music Video)

 

Back to Thailand

ミャンマー最終日。タイに戻るのだが、今回は飛行機で戻ることにした。というのも嫁の休みが取れてタイで合流することに。のでチャチャッとタイに戻ろうと。
 
 
あと飛行機代と陸路で戻るトータル移動費の差額が1000円くらいしか変わらないことが判明。移動時間は片や1時間半、片や丸一日24時間前後。なので20時間以上を1000円で買う経済的判断をしてみた。
 
 
綺麗なミャンマー国際空港からタイのドンムアン空港まで移動。チケットはネットで約4000円で購入。安い早い快適。
 
 
僕はミャンマーからタイへ。嫁は日本からタイへ。2ヶ月ぶりの再会はタイのドンムアン国際空港で待ち合わせ。
 
 
今までも嫁との長距離恋愛や、単身赴任的な遠距離関係は何度かあって、東京〜宮崎間が2年、岡山〜タイ間が1年半。今回もそうなのだが、毎回久しぶりに直接会うと何となくドギマギする。
 
 
 
何でもそうだが、『アタリマエ化』してしまうと有り難味も新鮮味も無くなってしまう。すると『無感謝』になる。するとちっと傲慢で横柄な態度になる可能性がある。そういう人は『アタリマエ』を携えて日々過ごしているのかもしれない。
 
 
思うに「いつも」とか「普通」「毎日」「同じ」「一緒」とかの言葉が絡むコトに『アタリマエ』は潜んでいるのでは無いだろうか。。。人は変化を恐れながらも変化を求める不思議な生き物だと言う。変化は必然で変化しないものはない。科学的に言えばエントロピーの話になり、仏教的には無常であらわす。なので凝り固まった思考や価値観を揉みほぐすのに『旅』は良いツールになるはず。揉みほぐしたい人は。
 
 
嫁とコウちゃんの邂逅。このあと親分肌だからと言うコウちゃんがメシをご馳走してくれた。そう言うところで粋な計らいをしてくれる。さすが親分。
 
 
数日だけだが、僕が今まで行ったとこや会った人に嫁を合わせることができた。そして結構はしゃいだ。詳細は割愛。。。
 
 

Mr.バンコク

ことコウちゃんとカオサンで出会ってから、もうすでに3ヶ月ぐらい。最近は何かあればお互いの宿を行き来して顔を合わせるように。 コウちゃんに付いてはこちら → I am not perfect but I am LIMITED EDITION (前編)  
 
一度コウちゃんにちょっと付き合ってくれと言われ付いて行った。例のごとくこれからセッションしに行くと。マラカス持って。ただ今回はコウちゃんが出入り禁止になったBarでやると。なんでも以前に酔っ払って店と喧嘩したらしく気まずいと。ビールおごるから一緒に来てくれと。カワイらしい理由で誘われたり。
 
 
 
でも、会って話せばコウちゃんの独壇場状態。日本と某血液型人間の批判&否定と下ネタのエンドレストーク。落語家かってくらい同じ話を同じテンションで毎回話せるのはすごいと思う。けど聞いてる方は。。。
 
 
「お前、日本は進歩がないぞぉ〜。俺のチンポの方がよっぽど進歩がある。ってばかぁっ!でもね、前にセックスした時にね。。。」
 
 
「いや、もうその話いいって。おじいちゃんとおばちゃんのセックスの話を聞かされるってどんな拷問なんすか?笑」
 
 
「だぁはは。拷問ってお前ねぇ。久しぶりに日本語話したから止まんなくなっちゃったよ!笑」
 
 

しばしのお別れ

そんなコウちゃんともタイ滞在最終日ということで会いに行く。とりあえずカオサンのどっかにいるんじゃないかな?雨の中探索。
 
 
 
 
いたいた。本日もまた別の店で別のミュージシャンと音楽で遊んでいる。プレイ場所を何個か持っているが、コウちゃんは全然英語ができない。けどマラカス持ってガツガツ声かけて輪に入って行く。『音楽とセックスは国境を超える』と、爆笑しながらカップヌードルのCMみたいなこと言ってた。
 
 
 
「そう言えば、お前に言われたからまた小説書き始めたんだよ」
 
とコウちゃん。書くってことは知ってたので、前々からコウちゃんに小説をまた書くことを勧めていた。僕にイロイロと話してくれる思いの丈を文章にしたらどうかと。その腹に抱えた怒りや生々しい本能を、この現実世界で発露し伝え聞いてもらおうと思うと人を選ぶ。しかも話す熱量が大きすぎて聞いてる方は引くことがある。なので作品として物語の形をとり、主観から客観に、直接的より間接的に変えた方が人に伝わるんじゃないかと。
 
「オレがタイから出たら話す人少なくなるでしょ。書くことによって精神衛生的にも良いと思うよ。腹に貯めるよりは。ま、タイに来りゃすぐ会えるんだから寂しいことはないやね」
 
「おー!いつでも来い」なんて言いながらまたの再会を約束して握手を交わす。色々と学ばせてもらいました。ありがとう!!
 
 
 
そして翌日バスでカンボジアへ。1ヶ月前に一度訪れたシェムリアップに向かう。バスはカオサンのツアー会社で手配してもらった。320バーツなので1100円くらい。
 
 
 
この旅でタイに戻ることは多分ない。何となくここからが旅本番という気分。今のところ面白い出会いや興奮する様なポイントには出会えている。今までの流れも自分なりに気に入ってたりする。ただブログが追っつかない。なんか全部ひっくるめてハフハフして来るっすね。さてさて。
 
 
 
 
 
了!
 
 
 
 

関連記事

  • I am not perfect but I am LIMITED EDITION (後編)   I am not perfect but I am LIMITED EDITION (前編)の続き     コウちゃんがタイに来た理由。それは日本という国が住みにくいから。簡単に言えばそれだけ。でも、そう感じている人が今の日本に何人いるのだろう。     本日のFeeling […]
  • I am not perfect but I am LIMITED EDITION (前編)   昔子供の頃『ガンバット』なる変わったおっちゃんがいた。どの町にも必ず一人はいる変わった言動をする有名人のおっちゃん。それがウチの地区では『ガンバット』だった。   昼日中から子供を見つけては     「ガンバット?」     と声をかけて来る。今思えば「頑張ってるか?」と言うことだと思う。時にやんちゃな子供たちに追われ逃げ惑うガン […]
  • 香港ローカルレポート!!『密集』文化と千利休 [中国・香港]香港ローカルレポート!!『密集』文化と千利休 [中国・香港]   香港潜入記 いよいよ香港潜入。やっとやっと中国の大型連休のお陰で値上がり急上昇した宿代のほとぼりが冷めてくれた。ちょうど中国滞在可能な15日を消化する直前。良いタイミングで中国から香港へ移動。ここ深圳から香港へは地下鉄で行ける。一度中国の国境駅(福田駅)で出国し、徒歩で川を渡り香港川の入国審査を受ける。見事入国審査に合格すると晴れて香港入国。 […]
  • 街のオヤジに見るTHE中国らしさ [深圳]街のオヤジに見るTHE中国らしさ [深圳]     ほとぼり冷めるまで香港おあずけ 香港に入る起点の街『深セン』。でかい街。都市。都市すぎて見所があまりない。後で聞いた話は深セン・広州があるこの辺りは歴史が浅く、また商業工業地区が多いのもあり観光地が少ないらしい。のに4日も滞在した。     と言うのも未だ続いている中国国民の大型連休である国慶節。その期間中の香港 […]
  • 昆明の現実リアル脱出ゲーム[中国雲南省]昆明の現実リアル脱出ゲーム[中国雲南省]     夜通し走り抜いたバスが中国雲南省にある昆明に到着したのは朝の9時頃。大きなバスターミナルで停車し、運転手が馬鹿でかい声で到着を告げる。乗客全員がのそのそとここで降りる。ラオスより北に来た分だけ涼しさが出て来た。とうとう来たか中国って感じで一人感慨深く辺りを見渡す。昆明凄く綺麗じゃないか。     本日の […]
  • のんびりラオスの外こもりから恐怖の中国入国編のんびりラオスの外こもりから恐怖の中国入国編   ラオスにはビザがなくても15日間滞在できる。コレはベトナムと中国も同じ。なので体調が良くなるまで居座ろうと言う魂胆。予想外にも体調が戻らず実際15日間マルッとラオスで過ごすことになってしまった訳で。。。   本日のFeeling Radio 記事のBGMにどーぞ。   Kalambya Boys […]
  • 『無し』を『有り』にする旅の技術 [ベトナム・サパ]『無し』を『有り』にする旅の技術 [ベトナム・サパ]       例えば『安い』『快適』『安全』が良い旅の要素だとすればかなり高得点であるベトナム。そこをを3週間ほど旅をした。すると意外なことに『ベトナム旅はノイズが無いから気に入らない!楽しく無い!』と、自分が言い出し始めた。     本日のFeeling Radio 記事のBGMにどーぞ。 Fat Freddy's Drop […]
Pocket

One Response

  1. […] “アタリマエからの脱却”の記事と一緒に聞く  […]

Leave a Reply